『ものがたりいちば』

映画観賞歴5000本以上なりに映画ドラマアニメの感想を書いてます。ゲーム関連はhttps://zwigani.comに移転中です。

「ザ・ボーイズ」シーズン2の1話の感想

ネタバレあります!ご注意を!

 

 

・前シーズンのおさらい
ヴォート社につかまったヒューイたちはスターライトの助けを得てからくも脱出しました。
いっぽうブッチャーはマデリン副社長宅を爆破したあと、ホームランダーに連れ去られました。

詳しくは下記の記事をご参考ください。

zwigani.hatenablog.com

 

 

・今回のあらすじ
行方知れずになったブッチャーからヒューイたちに連絡はなく、しかもヴォート社副社長マデリン・スティルウェル殺害の一味としてボーイズはまたしても指名手配されてしまいました。

 

新しい隠れ家でフレンチやエムエムは逃げる準備をしていますが、ヒューイがそれを止めます。
「ヴォート社を倒す戦いを続けよう」と無茶を言い出しました。
フレンチたちはブッチャーがいないのに無理だと反対しますが、ヒューイは「ブッチャーは必要ない」と頑なです。
ヒューイとブッチャーは前シーズンでケンカ別れしたままなので、それが原因でしょう。加えてブッチャー抜きでフレンチたちを救出したことで自信をつけたのかもしれません。
「どうやってヴォート社を倒す?」
と問うフレンチたちにヒューイはコンパウンドVをマスコミに引き渡して世論を巻き込むと答えました。


とはいえコンパウンドVはCIAに引き渡してしまい手元にありません。
もう一度コンパウンドVを手に入れるためにアニー(スターライト)頼もうというヒューイの提案にエムエムが難色を示します。
そりゃそうだ。前シーズンで助けてくれたものの、スターライトはセブンのスーパーヒーローなのですから。

 

そんなとき隠れ家に重傷の男がかつぎこまれてきました。その隠れ家はフレンチの密輸仲間のアジトです。
詳しい話を聞いたボーイズは事件現場の港の様子を見に行きます。
すると、地面にそこそこ大きな船が横倒しになっていました。


現場近くの監視カメラ映像を確認してみると、船からぞろぞろとひとが連行されていく映像が残されていました。
その船は人間の密輸船だったのです。
そして最後に出てきた人間が奇妙な動きをみせると、船が空中に浮きあがり、密輸人に降り注ぎました。重傷の原因は能力者による攻撃だったのです。
新たなスーパーテロリストがついにアメリカに上陸してしまったのでした。

 

アニーはヒューイに言われたとおり、コンパウンドVを手に入れるためにヴォート社の研究施設に勤める昔なじみを訪ねました。
このドラマで昔なじみを訪れたらやることといえば……脅しですね。
アニーは事前に手に入れたグロいSM映像で昔なじみを脅しました。
この昔なじみは再生能力者で、変態SMおじさんたちに自分で体を切らせておこづかい稼ぎをしているのです。
純真だったアニーも順調にボーイズに染まってきてますね。

 

ボーイズは密輸された能力者の情報をもってCIA副長官のレイナーと密会します。
密輸された能力者といえばキミコも同じ立場ですから、正直たいした情報じゃないとボーイズ側は思っていたようです。
ところが、レイナーは「ついにヴォートを追いつめられる!」と予想外にいい反応を示しました。
そしてなにかを言おうとしたとき、突如として頭が破裂して即死してしまいました。
明らかに能力者からの攻撃です。
ビビりあがったボーイズはそっこう車で逃げ出しました。

 

アジトに戻ったボーイズは完全にお通夜ムードです。
それもやむなしでしょう。
指名手配されるわ、ブッチャーは失踪するわ、危険な能力者が続々出現するわ、ほとんど唯一といってもいい相談相手レイナーがグチャ死するわ、と状況は悪くなるいっぽうですから。
しかし、そのときアジトにある人物が現れました。
ブッチャーです。
事態の悪化をうけてフレンチがこっそり呼んでいたようです。
ラストでようやくボーイズが勢ぞろいしました。

 

 

いっぽうヴォート社側にもいくつか動きがありました。
前シーズンで現れ特殊部隊を全滅させた発火能力者はブラックノワールにあっさり討ち取られてしまいました。
ノワールの体も黒焦げになっていたのですが、再生能力持ちでしょうか。

 

トランスルーセントの死亡認定をうけて新しいセブンのメンバーが追加されました。
ホームランダーとの出会いをネットで生配信するなど今どきの若者という感じのストームフロントという女性ヒーローです。この時点では能力は不明です。

 

セブンのメンバーを自分で決めるつもりだったホームランダーがこの決定を不服に思い、社長のエドガーに文句を言いに行きますが、逆にやりこめられてストレスがマッハです。

 


『今回のザ・ディープ
さて本題。
海の支配者(笑)ディープですが、トランスルーセントの葬儀にも呼ばれず、おまけにルーセントの思い出画像から自身が削除されていることに傷つき、やけ酒をかっくらいます。
泥酔した勢いでウォーターパークにつっこんで子どもたち相手に「水なんてくだらねえ!」などと自己否定にも等しい愚痴をまきちらしました。
案の定逮捕されました(笑)(笑)。


保釈してくれたのは、イーグルという地味なヒーローです。
イーグルは優れた弓手らしいですが、矢が尽きたらなにもできないそうです。それって、ただの人間じゃ……。
ディープにふさわしいおともだちですね(笑)(笑)(笑)
イーグルはディープとは顔見知り程度ですが、どういうわけか保釈して慰めてくれて、酔いがさめたディープにある人物を紹介しました。

共同教会という組織の人物でした。


さあ、弱り目に祟り目、どん底のディープはいよいよカルト宗教編突入です!