『ものがたりいちば』

メインコンテンツは映画の感想と考察のつもりですが、正直自分でもおもしろくないと思います(笑)おすすめは順位は1位ドラマ2位アニメ3位ゲームです!いずれはゲームを1位にできるようがんばります!

映画「スパイダーマン:ホームカミング」ネタバレあらすじ感想

2017年アメリカ映画
監督:ジョン・ワッツ
主演:トム・ホランド

何度でもリブートされるシリーズ映画の感想です。

 目次です。好きなところから読めます。

 

序盤のあらすじ


ニューヨーク在住の15歳の高校生ピーター・パーカーは、特殊なクモに噛まれたことから身体能力が大きく向上し、『スパイダーマン』というヒーローとして活動しています。
能力を得るきっかけになったことは過去作で何度もやったからか、本作では省略されていて詳しい経緯がわかりません。


地元ニューヨークを守る地道な活動が認められ、MCUマーベル・シネマティック・ユニバース)の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアイアンマンことトニー・スタークにスカウトされ、高性能なスパイダースーツを与えられました。


とはいえまだ15歳のピーターが無理をすることをトニーは嫌い、アベンジャーズの正式メンバーには加えず、大事件に関わることも禁じています。
「自分はもっとやれる」
と確信しているピーターは、トニーが子ども扱いしてくるのが不満で、実力を証明しようと躍起になっているのでした。


そんなある夜、街をパトロールしていると謎のハイテク武器を持った強盗団がATMから現金を強奪しようとしているところに出くわします。
そのときはからくも撃退できたものの、周囲の建物に大きな損害が出てしまいました。
お気に入りのサンドイッチ店も壊れてしまったため、ピーターはこのハイテク武器を気にかけるようになります。


強盗を撃退して自宅に帰ると、たまたま部屋に来ていた親友のネッドにスパイダーマンであることがバレてしまいました。
口止めをするのですが、ネッドは「ムリムリ絶対しゃべっちゃうよ!」と大興奮です(笑)


翌日、ネッドが「ピーターはスパイダーマン……と友達さ!」といらんことを口走ったせいで、スパイダーマンファンのリズという女子のパーティに参加することになってしまいます。
ピーターはリズが好きなので、いいところを見せるために『ピーターの友人スパイダーマン』としてパーティに参加しようとするのですが、そのとき遠くで謎の光が発生するのを目撃しました。


ATM強盗たちが持っていた武器の輝きと酷似した光です。
気になったピーターはパーティ会場を抜け出し、その光の場所に駆けつけます。
……駆けつけようとします。
平地ではスパイダースウィングができず、走ることしかできないのでふつうの人間と同じ速度です(笑)
おせ~w
アイアンマンやソーなら空を飛んでいけるのにw


光ったところに行くと、悪党が客にあのハイテク武器を売りつけようとしていました。
客は武器の威力が強すぎて「殺したいわけじゃない、脅しに使うだけだ……」と引いてます(笑)
取引現場に「だれかを撃つんなら僕にしろ!」とかっこつけて乱入するピーターですが、ドジなので悪党たちに逃げられてしまいます。


あわてて悪党の車を追いかけますが、もたもたしてなかなか追いつけません。
空を飛べず、乗り物も持ってないヒーローは苦労しますねw
やっとの思いで悪党の車に追いついたとたん、突然飛来したハイテクウイングスーツを着た『バルチャー』につかまれて、湖に投げ落とされてしまいました。


バルチャーは『アベンジャーズ(2012)』の騒動で壊れた街の復旧作業を請け負った業者の社長だったのですが、トニーと政府が設立したダメージコントロール局にその仕事を奪われた過去を持ちます。
自分と社員の家族を食わせていくために、瓦礫から回収した宇宙人チタウリの残骸を武器として加工して売る悪党に転職したのでした。
だいたいトニーのせいなのはMCUのお約束ですね(笑)


さて、湖に落とされたピーターはパラシュートが絡まって溺死する寸前でしたが、アイアンマンに助けられました。
と思ったらスーツの中にトニーは入っておらず、遠隔操作でした。
ハイテク武器の危険性を訴えるピーターにトニーは聞く耳を持たず、「余計なことはするな」の一点張りです。
ますますトニーに反発したピーターは、バルチャーの正体を本格的に探り始めるのでした……。

 

 

―――ネタバレ注意!―――

 

 

 

ワシントンDCへ


翌日、ピーターはネッドとともに悪党から入手した武器を調べます。
学校で(笑)
武器から宇宙物質を取り出したのですが、そのときに発生したパルスを追って悪党が学校にやってきてしまいました。
ピーターはこのピンチを逆に利用して悪党に発信機をつけ、アジトを割り出すことにします。


その夜ネッドとともに悪党の信号が止まるのを待っていると、信号はメリーランド州で止まりました。
ピーターの住むニューヨークから500キロ以上離れています。
飛行能力も運転能力もない(というか裕福じゃないので車を持ってません)ピーターは移動手段がありません。


未成年ヒーローは苦労するなぁw
しかし、じつはピーターとネッドが所属する部活動の全国大会『全米学力コンテスト』がメリーランド州のワシントンDCで開催されるので、それを利用して遠征することにしました。


余談ですが、ネッドは『椅子の人』になりたがっています。
ヒーローものでよく出てくる、キャスター付きの椅子でPCからPCを移動するようなオペレーターですね。


この部活のリーダーを務めるリズはこの大会に大きな意気込みを持っていて、しかもピーターの学力を高く評価しています。
恋愛ポイントを稼ぐチャンスなのですが、残念ながらヒーロー活動優先です。
ピーターはワシントンの宿舎をこっそり抜け出し、メリーランドへ向かいました。


ちょうどバルチャーたちがダメージコントロール局のトラックから宇宙物質素材を強奪しようとしている現場に間に合いましたが、多機能スパイダースーツの設定調整に手間取ってもたもたします(笑)


サム・ライミ版の旧『スパイダーマン』シリーズや『スパイダーバース』の主人公と違って、このピーターは練習をぜんぜんやらずに本番に臨む悪癖があるので、凡ミスが多いのです。
やっぱ日ごろの鍛錬って大事なんすね~。


それでもなんとかバルチャーの素材強奪作戦を阻止しますが、トラックに閉じこめられ、しかもドジって意識を失ってしまいました。
ピーターはバルチャーたちがトラックで大量のハイテク武器を取引相手に運ぼうとしていたと勘違いしていますが、トラックはダメージコントロール局のもので、行き先は厳重な保管倉庫です。


朝まで扉が開かない倉庫のなかに閉じこめられてしまったピーターはようやくトレーニングモードをやったり、スパイダースーツのOSカレンと雑談したりするのですが、ぜんぜん時間が進みません。
さらにカレンからネッドに預けた宇宙素材が爆発する危険性があることを聞いたので、カレンの助けを借りて倉庫を脱出するのですが、ぜんぜん間に合いませんでした(笑)


期待されていたピーターがいなくても仲間たちは優勝し、観光でワシントン記念塔を訪れます。
しかしエレベーターのなかで宇宙素材が爆発を起こしてしまいました。
ちょうどそのとき駆けつけたピーターは、颯爽と……じゃなく華麗に……じゃなくて、やっぱりいつものようにもたもたみんなを助けました(笑)


見栄えは悪いですが、バルチャーの計画を阻止し、みんなの命を助けたのですから立派なヒーローです。
この救出劇は全米で報道され、スパイダーマンは一躍学校の人気者になるのでした。

 

 

最大のしくじり


1度手柄をあげて調子に乗ったピーターは、トニーを見返してやるためにさらなる手柄を求めます。
次の取引の情報を得るために、カレンの助けを借りて、前に取引現場でバルチャーの手下から武器を買おうとしていた客のところを訪れました。


ナメられちゃ情報を引き出せないと思ったので、ボイスチェンジャー機能でドスの聞いた声を作りますが、相手はぜんぜんビビりません。
その客は「だれかを撃つんなら僕をにしろ!」とピーターがかっこつけて言ったセリフを気に入った様子で、脅すまでもなく協力的でした(笑)
しかも同じクイーンズ地区に住むご近所さんで、地元であんなやばい武器が使われることを嫌がっていたので、ぺらぺらしゃべってくれます。


取引現場がフェリーであることを知ったピーターは、さっそく行きました。
フェリーについたら、まずは偵察です。
カレンの助けを借りて、バルチャー=ボスの顔を確認しました。
犯人がわかれば、次は証拠です。
カレンの助けを借りて、ブツを発見しました。
だいたいカレンの手柄です(笑)


このままだとただカレンを運んだだけの人になってしまうので、ピーターはバルチャーの身柄を抑えにかかります。
なぜかFBIの捜査官たちもいたせいで、取引現場のフェリーは混乱をきたします。
さらにバルチャーとの戦いでピーターがしくじったせいで、バルチャーの武器が暴走してフェリーを真っ二つに割ってしまいました。


ピーターはなんとかしてフェリーの沈没を防ごうとするのですが、結局フェリーと人々を助けたのはアイアンマンでした。
トニーはピーターが自分と人々の命を危険に晒したことを責めて、スパイダースーツを返すように要求します。
「スーツがないとなにもできない!」
とピーターが悲鳴を上げますが、その通りです、よく自覚してますね(笑)


トニーに見限られたピーターはクビを言い渡され、スパイダースーツも没収されてしまいました。

 

 

学園ラブコメ


しくじってばかりのヒーロー編はもういいや、終わり終わり!
お次は楽しい学園ラブコメ編です!


スパイダーマンをやめたピーターはリズをホームカミングのパートナーに誘います。
ホームカミングは高校主催のダンスパーティのようです。
プロムといい、なんで北米の人はダンスパーティがこんなに好きなんでしょうか?


学校内でピーターは冴えないポジションなのですが、なんとリズにOKをもらいました。
物語が始まってからリズに好印象を与えるようなことはなにもやっていないのですが、それどころか、コンテストをすっぽかすという大マイナスをかましているのですが、どうやら最初からリズは落ちていたようです。
ヒーロー編と違って学園ラブコメ編は難易度が低いなぁ(笑)


ホームカミング当日、リズを迎えに行くと、出迎えたリズの父を見てピーターは驚きます。
なんとリズの父はバルチャーだったのです。
学園ラブコメ編即時終了、ヒーロー編再開ッ!!!w

 

 

真のヒーロー


バルチャーの運転する車に乗って、ピーターとリズは会場である学校に向かいます。
道中の会話でピーターがスパイダーマンだとバルチャーにバレてしまいました。
会場につくとリズを先に降ろし、バルチャーは「今度邪魔をしたら殺す」と脅しをかけてきます。
ピーターのしょぼい脅しと違って本物のワルの脅しです。


一度はそれを受け入れてしまうピーターですが、会場に入って、すぐに思いなおしました。
学校に隠してあった昔のしょぼいスーツを着込み、バルチャーを追おうとしますが、校舎を出た途端にバルチャーの手下に襲われます。
ピーターが正義を捨てないことがバルチャーにはお見通しだったのです。


バルチャーの手下は強力な武器でピーターを追いつめます。
高性能スパイダースーツを失ったピーターはちょっと身体能力が高いだけで、格闘術の訓練も受けていないただの高校生ですから。
やられてしまいそうになりますが、ネッドが助けてくれました。


ピーターはネッドにトニーの部下ハッピーにこのことを知らせることと自分スマホの位置情報を探るように頼み、バルチャーを追いかけました。
ネッドは念願の『椅子の人』になって、オペレーターとしてピーターを補佐します。
ネッドの活躍のおかげでピーターはバルチャーの狙いがハッピーの担当しているアベンジャーズの引っ越し輸送機であることを突き止めました。


車に残しておいたスマホの位置情報からバルチャーの潜んでいる倉庫にたどりつきますが、経験の差で罠にかけられ、崩落する天井の下敷きになってしまいます。
ピーターのパワーでは瓦礫を持ち上げることができず、助けを呼びながら泣き出してしまいました。
ヒーロー編終了ッ!!!


水たまりに映った自分の顔を見てピーターは勇気を取り戻します。
ヒーロー編即再開!!!w


今までにない怪力を見せて瓦礫を持ち上げて脱出すると、飛び立とうとするバルチャーに取りつきました。
輸送機からアベンジャーズの兵器を強奪しようとするバルチャーを阻止しましたが、輸送機は墜落してしまいます。


墜落の影響でバルチャーのウイングスーツは損傷し、爆破寸前になっていますが、それでもなおバルチャーは強奪をやめようとしません。
爆発したウイングスーツの下敷きになったバルチャーを救うために、ピーターは燃え盛る炎のなかに飛び込みます。


バルチャーを救ったピーターは、ハッピーに「輸送機のことはごめん」とメッセージを残し、その場を後にするのでした。


父が逮捕されてしまったため、リズは学校を去ることになりました。
こんなに主人公にすっぽかされ続けたヒロインなんているのでしょうか?w
と思ったら、これまでやたらとピーターに付きまとっていた女の子が「MJ」と名乗りました。
※MJ:歴代のスパイダーマンのヒロイン


今回の功績を認められてアベンジャーズの本部に呼び出されたピーターは、トニーからかっこいいスパイダースーツを見せられ、チームの正式メンバーとして勧誘されるのですが「街のヒーローをやります」と断ります。
たしかにいきなりアベンジャーズは時期尚早ですね。
ピーターが家に帰ると、トニーから届けられたスパイダースーツがあったのでした……。

 

 

未熟度☆☆☆☆☆


この作品のピーターは若さゆえ結果を求めるあまり過程をすっ飛ばしがちで、訓練や練習をサボっています。
そのせいで高いところで足がすくんだり、スパイダースウィングを失敗したり、ミスだらけです。
おかげでアイアンマンがかっこいいスーパーヒーローに見えてしまいます(笑)
拙いけれども街や人々を守るためにがんばっている姿がおかしいのですが、ピーターの正義心をわかりやすく表現できていると思います。

 

 

平地度☆☆☆☆☆


ニューヨークが舞台なのになぜか建物が低い地域ばかりに行かされて、かっこいいスウィングを披露できないピーターがかわいそうでした。
まあどっちにしろ練習不足のせいでスウィングが下手なんですけど(笑)

 

 

ディズニーじゃない度☆☆☆☆☆


ディズニーが関与した以降のMCU作品はディズニープラスに囲い込まれているので、パラマウント時代の最初期MCU作品とソニー配給の本作以外は他の配信サービスでは観られないのが残念です。

以上です!